国試出題数No.1 公衆衛生の穴!

1/19/2021
  • 6年生

国試出題数第1位の公衆衛生。なんと国試の12~15%も出題されますが「大事だとは分かっているけど、公衆衛生は暗記ばかりで中々勉強が進まない…」という受験生も多いのではないでしょうか。

今回は間違えやすい分野を中心に、公衆衛生の【オリジナルチェック問題】をご用意しました!一緒に解いて、知識を定着させましょう。


===問題はコチラ===

Q1. 難病の患者に対する医療等に関する法律(難病法)について、正しいのはどれか。

a. 患者数が日本国内で人口の5%に達しない病気を指定難病とする。
b. 治療方法が確立していない病気を対象とする。
c. 患者は、1割負担または自己負担上限額の低い方を自己負担する。
d. 特定医療費受給者証が承認されている疾患の内、最も多い疾患は潰瘍性大腸炎である。
e. 対象疾患は100疾患である。

Q2.  市町村保健センターの業務として誤っているものを1つ選べ。

a. 住民の健康相談
b. 人口動態統計
c. 健康教室の開催
d. 乳幼児の健康検査
e. 地域住民に密着した健康相談


※無料のWeb問題集
問トレ国試にログインの上ご利用ください


Q3. FAO/WFPが担う役割として正しいものを1つ選べ。

a. 識字率向上
b. 難民の帰還支援
c. 労働者の作業環境改善
d. 食糧の安定供給
e. 児童の福祉・健康改善

Q4. 感染症法で2類感染症に分類されていないものはどれか。1つ選べ。

a. 結核
b. ジフテリア
c. マラリア
d. ポリオ
e. 鳥インフルエンザ


※無料のWeb問題集
問トレ国試にログインの上ご利用ください


いかがでしたか? 暗記が多く、抜け漏れが出がちな公衆衛生は、直前期にもちょくちょくチェックすると良いですよ(^^)

▼まだ公衆衛生の講座をお持ちでない方はこちら▼

最新の投稿