診療科別にみるオススメの勉強順とコツ

1/24/2020
  • 4年生

CBT対策は、勉強を進める順番が重要なポイントになります。「病気の知識」から始めるととっつきやすいのですが、「病気の知識」は20以上の診療科にわたり、量も膨大!オススメの勉強順の一例をご紹介します。

 

1.まずは全身管理に重要な3教科

最初に手を付ける科目としてオススメなのは、腎臓です。

腎臓には体液調整と電解質の話が絡んでいるので、腎臓を紐解くことで、全身がどうなっているか全体像が見えやすくなります。逆に腎臓がわかってないと、他の科目をやっていてもつまづきやすくなります。また、ボリュームも少なめなので、最初に手を付ける科目として最適です。

次にオススメなのは、循環器と呼吸器です。呼吸器で取り入れた酸素を、全身の臓器、全身の細胞へ届けてあげるのが循環器の役割です。この2つの関係は切っても切り離せないので、まとめて勉強することをオススメします。さらに、腎臓を先にやっておくことで、循環器の体液管理の話へとスムーズにつなげることができます。

各診療科は、必ずしも独立しているわけではなく、どこかが悪くなると、どこかにも影響が出るようにつながっています。この3科目を勉強すれば、生命維持の仕組みについて概ね押さえることができます。

 

2.外科と腫瘍を極める!

次に勉強する科目としてオススメなのは、消化器です。

消化器は、考え方はそんなに難しくありませんが、腫瘍が多い、外科色が強い、画像読影が多いという特徴があり、これらに慣れる消化器はボリュームが多い科目なので、これらが終わると、メジャー科目の半分が終わることになり、少し気持ちが楽になりますよ(^^)

 

3.免疫・感染症・血液の3兄弟を

対の関係にある免疫と感染症は、このタイミングでまとめて勉強するのがオススメです。
今まで、呼吸器や消化器で登場してきた感染症の知識もふまえ、病原微生物別に縦切りの知識を整理していきましょう。

また、血液は3系統あるうちの白が、まさに免疫の役割を担っているので、この3科目をまとめて勉強して知識を強固なものにしていきましょう!

 

4.みんなの苦手科目は、最後にまとめて

目に見えにくく、苦手にしている方も多い神経と内分泌代謝は、最初に始めてしまうとつまづきやすいので、メジャー科目の中では最後に持ってきた方が良いと思います。
この2科目は、疾患の知識から入らず、生理学を地道に押さえていくと、かえって近道になります。心に余裕が出てきたタイミングで始めてみましょう。

 


CBTの試験範囲は広く「始めるまでのハードルが高い」と感じられる方も多いはず。
得意科目をはっきり持っている方は、やりやすい科目から始めるのも良いと思いますが、「どこから手を付けて良いかわからない」という方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

最新の投稿